脱・睡眠負債☆低ストレス女子がしている生活習慣

モテ子
モテ子
睡眠不足を言い訳に、お昼まで寝るのはナシよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

昨年の流行語にもなり、一躍注目を集めている「睡眠負債」。日々の睡眠不足が積み重なっていくことを例えた言葉ですが、睡眠とストレスの関連に着目した研究所があります。その研究所が、睡眠の“質“を左右する眠りの前後行動の違いを分析してみると、低ストレス女子と高ストレス女子の間には、生活習慣に違いがあることがわかりました。日々、ストレスフルだと感じているなら、低ストレス女子の生活習慣を真似れば、今日からあなたも脱・睡眠負債&低ストレス女子になれる・・・かも?!さて、その違いとは・・・。

低ストレス女子は「規則正しい生活」や「十分な睡眠」を重視

※()内は、低ストレス女子÷高ストレス女子の倍率

上記は全国14万人(男女各7万人)におこなっている「ココロの体力測定」調査の「セルフケア」30項目から生活習慣に関するものを抜粋し、高ストレス女性と低ストレス女性を比較したグラフです。
「規則正しい生活をしている」と回答した低ストレス女子は、高ストレス女子の約2.5倍!次いで「十分な睡眠をとる」が1.8倍と続き、各習慣の中でもこの2つを重視しています。また、低ストレス女子は、「湯船に浸かる」「体を温める」や、「血流改善をする」「水分摂取量は多い」と、いわゆる“巡り”意識にも気遣いが見られ、積極的に“体内リズムを整える”行動を取り入れています。

自身の「就寝前・起床時」意識だけでなく、「働き方」による影響も…

睡眠を中心とした高ストレス女子の生活行動(就寝前・起床時)

「眠りの質」に関わる睡眠前後の行動ですが、低ストレス女子と比較し、高ストレス女子の就寝前は、「ベッドの中でPCやスマホ」。朝は「アラーム」で起き、「カフェインを摂取」と、心身に刺激を与えて起こす傾向に。「0時過ぎまで残業」や、シフトワーカーの「深夜業務」など働き方の影響も見られます。

睡眠を中心とした低ストレス女性の生活行動(就寝前・起床時)

一方、低ストレス女子は、就寝前は「リラックス」。朝は、「太陽の光を浴びる」ことで、自然の力で心身を目覚めさせる傾向に。太陽光を浴びることは、抗ストレス物質のセロトニン活性にもつながります。「夕食は寝る2時間前までに」「朝食はしっかりとる」と、食生活への意識の高さも特徴的。

低ストレス女子は「毎日の就寝時間・睡眠時間」、高ストレス女子は「休日の睡眠」を重視

ストレスオフの鍵は「週初め」と「週半ば」の時間の使い方にあり!

睡眠に対する意識では、低ストレス女子の「0時前に寝る」「平均7時間以上寝る」と、規則正しい睡眠の心がけからか、「夜中に目が覚める」は高ストレス女子の半数以下。眠りの深い、質のいい睡眠が取れていることが推測されます。
逆に、高ストレス女子は休日の睡眠に期待をして、平日の睡眠がおろそかになっている傾向がやや強いようです。
また、曜日ごとの日常行動の違いをストレスレベルで調べると、水曜日に「睡眠を7時間以上とる」と回答した低ストレス女子が、高ストレス女子の3倍近くいる結果に。就寝する時間や睡眠時間の確保もさることながら、週半ばの睡眠への意識で“ストレスオフ”できる可能性がありそうです。

規則正しい生活+十分な睡眠=低ストレス女子、という傾向が強いことがお分かりいただけたでしょうか。睡眠不足を解消するために週末にまとめて寝たり、不規則な生活を送っている人は、ぜひこの機会に日々の生活習慣を見直してみてください。低ストレスで健康的な毎日が送れますように。

※株式会社メディプラス研究所調べ

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル