知っておきたい♡春にかわいい浮かないカラーシャドウの使い方

モテ子
モテ子
カラーシャドウは、やりすぎると宝塚歌劇団になるわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

きれいなカラーのコスメに心踊る春。ブルーやピンクなど、華やかな色のアイシャドウにわくわくするものの、トレンドを意識したメイクをすると、派手に見られてしまうというお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、春に使いたい華やかカラーのアイシャドウの、街でも浮かないメイク方法をご紹介します。

ピンクのアイシャドウ

華やかなアイシャドウがたくさん出ていますが、トレンドカラーの一つはピンク。でも使い方を間違えると、目が腫れぼったく見えてしまうので工夫が必要。そんなピンクを使う時のコツは、日本人の肌色になじみやすく、万能カラーと言われているブラウンアイシャドウと組み合わせること。
とはいえ、ブラウンとピンクをなじませると、なじみすぎてしまって結局ブラウンメイクになってしまうということはありませんか。そんな時には、まぶたの中央部分にだけピンクを多めにのせるか、メイク全体が完成したら最後に中央部分にピンクをひとはけすると、ぐっとおしゃれに仕上がります。

また、アイラインを引いた後に、ブラウンのアイシャドウを上から重ねて境目をぼかすようにグラデーションを作ると、ナチュラルに仕上がり元々目が大きいかのように仕上がりますよ。

ブルーのアイシャドウ

目元に一気に華やかさを出してくれるブルーのアイシャドウ。とはいえ、華やかになりすぎて浮いてしまうのは避けたいところですよね。オススメは、はっきりした青色ではなく、水色をチョイスすること。他には、グレーとパープルの間の色のような、くすみカラーも派手にならずにオススメです。初めて水色系のシャドウにチャレンジするという方は、濃さの調整が簡単にできるジェルタイプが良いでしょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

もし、目元が地味になりすぎたと感じたら、上からパール感のあるシャドウを足すのもいいですよ。筆者は、急いでいる時や、アイシャドウがよれてしまった時は、まぶたの中心部に、ジェルタイプのシャドウを少し濃い目に塗って、中心部から横や上など全体に指でぼかしています。自然なグラデーションが一瞬でできるので、自然に華やかな目元を完成させることができてオススメです。

また、夜から予定があって、夕方にメイク直しをして、華やかさを足したいこともありますよね。ボリュームを足したいからと、マスカラを重ねづけするのはNG。固まったマスカラの上から、さらにマスカラを重ねるとダマになってしまい、一気にメイクが濃い印象になってしまうので注意しましょう。

オススメは、アイシャドウの中でもなじみのいいパール系の色を、上からさっと塗り直すこと。下まぶたの目頭の部分に、パールを足すだけでも、元気な印象を与えることができます。ちなみに、ジェルクリームタイプのシャドウは、濡れたようなツヤが出るのでセクシーな目元を作ることができます。

ぜひ自分にあうアイメイクを見つけてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル