可愛いマスキングテープでおしゃれアレンジ♡

モテ子
モテ子
今日からあなたも #マステ女子 の仲間入りよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

手帳愛用者の日々のページデコレーションから、お部屋のインテリア アレンジ、はたまた引っ越し準備の食器まとめまで、幅広く活躍するマスキングテープ。最近は、文具メーカからおしゃれで可愛いマステがたくさん出ていることもあり、その人気は加熱する一方。柄が可愛いかったり、カラフルだったり、好きなキャラのマステだと、ついつい買ってしまいますよね。ただ、買ったはいいけど、使わずにそのままにしているマステって、案外お家にあったりしませんか?今回は、そんな眠っているマステも使いたくなるバリエーション豊富なマスキングテープの活用法をご紹介します。

まずはマステをゲットしよう!

マスキングテープは100均や文房具店で取り扱いがありますし、最近ではマスキングテープの専門店もありますので、比較的手軽に入手できます。お手頃価格なので、好みの柄を個別に買うのも良いですし、Amazonなどの通販サイトでマステが30巻くらいセットになったものをまとめて買うのも割安なのでおすすめです。

マスキングテープ アレンジ集

まずは身近にあるものから。つまようじを、マステを使ってカラフルなピックに大変身。記念日ごはんやお花見や女子会などのイベントごはんも、こんな可愛いパーティー仕様のピックがあれば、一気に華やかになりますよね。季節やテーマに合わせて旗の模様を変えたり、マステにメッセージや絵を描くのもおすすめですよ。

ウェットティッシュボトルも、包装フィルムを剥がした後、周りをマステで巻いていくだけで、こんなに可愛いケースになります。白一色の単色で無機質なもの(例えば花瓶や小物皿、充電コードなど)は、それ自体がキャンバス代わりになるので、どんな柄のマステを貼っても馴染みます。

毎日使っているスイッチのカバーって、たいてい白色ですよね。そこをマステでひと工夫。お部屋のトーンに合わせて、カラフルにしたり、シックにしたり、あなたのお好みカバーにプチリメイク!

扇風機の羽の部分にマステを貼るだけで、見た目も涼しくなります。長く使っていると、プラスチックの部分が黄ばんだり、台の部分が日焼けすることもありますよね。汚れが気になる部分をマステでデコるのもアリですよ。

マステをフォトフレームに見立てて、壁にお気に入りの写真やポストカードを貼っていくのも素敵ですよ。マステはきれいに剥がれるので、壁を傷つける心配がありませんし、壁に穴を開けたくない人におすすめのアレンジです。フォトフレームだけじゃなく、ガーランドもマステで作れば壁に統一感が出ますよ。

また、白い壁を黒色のマステでデコるだけで、シックでおしゃれなお部屋になります。ウォールアートは、壁のあるところならどこでもできるので、お部屋の壁以外にも、洗面やトイレの壁をデコってみるのもおすすめです。

手作りロゼットも、周りのプリーツとリボンをマステで作ればカラフルで可愛らしい、世界に1つだけのオリジナル リボンロゼットに。父の日や母の日に、中央にメッセージを添えてプレゼントに飾りつけたり、イベント時に参加者の名前を書いてネームプレート代わりにしたりと、いろんなシーンで活用できます。

ただ貼るだけじゃないマスキングテープはデコったり、リメイクしたり、色々な楽しみ方ができて、そのアレンジは無限にあります。お手頃価格で手に入りますし、シールみたいに一度貼ったら剥がしにくくて跡が残る、なんてことがないので、気になったらぜひ試してみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル