今年の春夏は『#PVCバッグ』でキメっ☆

モテ子
モテ子
究極のPVCバッグはジップロックよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

昨年からヨーロッパを中心にじわじわと人気が出ている「PVCバッグ」。簡単にいうと“透明なビニールバッグ“のブームは、シャネルがコレクションで発表したことに端を発します。その後、セリーヌやマルニ、MM6、アニヤハンドマーチなど数多くのブランドが続々とPVCバッグを発売。ちなみに、このPVCバッグブームの影響で、エルメスの1997年の非売品モデル”ビニールケリー“の人気が再燃中です。
ビニール素材でできたバッグは耐水性があって実用的でありながら、バッグの中身を可愛く演出することができるので、海にプールに、タウンユースにとこれからの季節に大活躍すること間違いなし!そこで今回はPVCバッグを取り入れたコーデをご紹介します。

トレンドの「PVCバッグ」って?

塩化ビニルでできたバッグのことで、透明なデザインのものはスケルトンバッグともいわれています。水に濡れたり汚れても、さっと拭くだけでOKですが、PVC素材は寒くなると硬くなり、長く使っていると透明な部分が劣化して折れた部分からひび割れしてくることもあります。トレンドアイテムは、1シーズンか2シーズン使えればOKという人は、アンダー1000円で手に入ることもあるので、お安くゲットして、賢く取り入れてみてください。

PVCバッグを取り入れたコーデいろいろ

デニムには必ずスニーカーを合わせる女子のみなさん、PVCバッグ1つで抜け感とオシャレ感が出ますよ。バッグの中にパステル系やネオン系の小物を入れると、それだけでコーデのアクセントになるので、カラフルな色が映える春夏にピッタリです。

昨年からトレンドのバケツ型バッグもPVC素材にすれば、一気に今年っぽい顔に。シックなコーデからカジュアルコーデまで幅広く対応できるキャメルなら、かなりの頻度で使い回しが可能。

PVCポシェットに、PVC財布を合わせて、わざとお財布の中身を見せる技はかなりのオシャレ上級者さん。ハイレベルな組み合わせを楽しんでみてはいかが?

2015年に発売されてから、毎回完売するコムデギャルソンのPVCトートバッグは、紙袋をポリ塩化ビニルでコーティングしたもの。内側には布が張られているので、実用性も耐久性も十分。いろんなシーンで使い回せて、しかもアンダー1万円という価格はギャルソンのアイテムの中では驚異的。

MARNIのストライプバッグは、入荷すれば即完売という人気ぶり。MARNIらしい遊び心のあるデザインとカラーリングは、プールやビーチはもちろんのこと、春夏の通勤バッグやちょっとした旅のお供にもおすすめです。

雑誌やカタログの表紙がアクセントになるのがPVCバッグ。外国の雑誌を入れれば、街中を歩いていてもサマになりますよ。

元祖PVCバッグ。キャンディカラーのマルチカラーで仕上げたパイピングが可愛い上に、しっかりシャネルマークのロゴ入りでゴージャスな存在感。運良くノベルティでトートバッグが貰えたら、今年はぜひ活用しましょう!

ハイブランドになかなか手が出なくても、諦めてはいけません。プチプラでシャネル風バッグやセリーヌ風バッグがゲットできちゃいます。いつものショルダーバッグもPVC素材に変えるだけで、軽くてオシャレなトレンド感満載のコーデに仕上がりますよ。

今年の顔ともいえるPVCバッグ、トレンドを取り入れておしゃれを楽しんでください♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル