【美容師監修】美髪のカギはお風呂上がりにアリ☆簡単で理想的な夜の過ごし方

モテ子
モテ子
めんどくさいからって濡れた髪にタオルを巻いてそのまま寝てるズボラ女子、要注意よ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

アナタは、髪のどんなことに力を入れていますか?ヘッドスパやトリートメントなどのスペシャルケアを定期的に取り入れたり、ヘアカラー、アレンジなどスタイリングに力を入れたり、それぞれこだわっていることがあるのではないでしょうか。髪は女の命ですから、いつもキレイに保ちたいですよね。ですが、デイリーケアは意外に見落としがちなことが多いもの。そこで今回は、手軽に美髪をキープするために髪を洗ってから寝るまでの理想的なヘアケアについてお届けしたいと思います。

美髪のために守りたい夜のヘアケア習慣4つ

「乾かしてから寝る」ことが大前提

美髪をキープする上で欠かせないのは、とにもかくにも「ドライヤーで乾かしてから寝る」ということです。そして、髪を洗った後はできるだけ早く乾かすようにしましょう。時間がない場合はタオルドライをしっかりして、少しの間なら自然乾燥してもOK。ただし、自然乾燥で乾かし切ると、髪が広がったりツヤがなくなったり、傷みやすくなったりするので、乾き切る前にドライヤーに切り替えましょう。

髪の流れは上から下に

ドライヤーをする時、仕上げが近づくほど、髪の流れに合わせて温風は上から下に当てるようにしましょう。温風を下から当てると根元にクセがついたままになってしまうことも…。また、枕に頭をつける時も同様です。襟足から髪を撫で上げて寝る人も多いと思いますが、これは襟足にクセがついてしまうのでNG。頭を手で押さえてから枕に頭をつけて髪の流れを整え、立って髪を下ろした状態と同じになるようにして眠りましょう。

寝る時用の整髪料ってアリ?

寝る前につける整髪料がありますが、もちろんこれは寝る時用に作られている物なので髪を傷めたり、汚したりする心配はありません。ただ、整髪料は寝る前に初めて付けるのではなく、乾かす前にもヘアオイルなどを少量馴染ませるのがおすすめです。静電気を抑える効果もありますよ。ただし、付けすぎると寝具が汚れますし、頭皮にはつける意味がないので髪の表面に少量つけるようにします。

髪が冷めてから寝る

ドライヤーを当てたあと、髪は熱を持っていますよね。その状態で枕に頭を付けるとクセが付きやすくなります。また、髪のツヤを生み出すキューティクルは、冷やされた時にしっかりと閉じて固まる性質があるので、熱を持った状態が長く続くとツヤも失われがちに。ドライヤーの最後に冷風を当ててしっかり髪を冷ますのが理想ですが、難しい場合は、寝る時間から少し余裕をもって髪を乾かすようにしましょう。

寝癖はつくものと心得よ

ところで、寝る前にどんなに丁寧なケアをしたとしても「寝グセはつく」と考えておきましょう。ロングヘアの場合、結んで寝た方が良いという話もあるようですが、その場合は結んだ場所にクセがついてしまうので、どちらにしても朝起きてから直す時間が必要になります。また、髪のダメージを軽減させるアイテムとして、近年ナイトキャップが話題ですよね。こちらもブリーチやパーマのやりすぎで髪が相当傷んでいる人なら多少の効果はあるものの、万人に効果的なアイテムというわけではありません。髪は、丁寧に乾かして自然な状態で寝るのが一番です。

時短で寝癖を直すテクニック

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

髪の根元から大きく寝癖が付いてしまった時は、残念ながら全部濡らしてセットし直す方が確実です。でも、部分的な寝癖なら、濡らさずに済む方法もありますよ。ここでは2つご紹介します。

毛先の寝癖はアレンジで乗り切る☆

毛先に寝グセが付いてしまった時は、いっそコテで巻いてアレンジしてしまいましょう。濡らしてから全部乾かすのと、時間的にはだいたい同じくらいの所要時間で済みますよ。うねりがひどい時は、全体を軽く巻いて、アップスタイルにするのもおすすめです。

髪の根元の寝癖はホットタオルでもリセットOK

根元からの寝癖でも、一か所くらいならホットタオルをしばらく寝癖が付いた部分にのせてからドライヤーをするとキレイに直すことができます。タオルをのせる場所のコツを掴むと、ショートヘアでもロングヘアでも使える小技です♪

まとめ

お風呂上がりは、手早くケアしないと乾燥を招くため、顔やボディのケアをマストにしている人も多いでしょう。ですが、実は髪の毛も一緒。濡れたままにしておくメリットはありません。顔に化粧水をつけるのと同じように、その流れで髪のケアにも手をかけてあげてくださいね。

text:MotecoBeauty編集部

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル