もう取り入れてる?イマドキ囲み目メイクHow to

モテ子
モテ子
メイクにも抜け感があった方がスキが出来ていいわよ。

近頃、囲み目メイクブームがじわじわと来ています。囲み目メイクと聞くと、10年ほど前に流行したアイメイクを思い出す方も少なくないのではないかと思います。「懐かしい」と感じる方もいれば、「古くさい」と感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、今注目なのは、そういった一昔前のメイクとはちょっと違います。最新の情報を仕入れて、あなたのメイクアップデートしてみましょう!

キーワードは「柔らかさ」

一昔前に流行った囲み目メイクは、ガッツリとアイラインで目を囲む、ちょっと強めの印象でした。強めの囲み目メイクもクールな良さがあるのですが、流行に乗りたいのであれば「柔らかさ」を意識することが大切です。

囲み目メイクと柔らかさが結びつかない方もいらっしゃるかもしれませんが、テクニックによってそれは可能。優しい印象でありながらも目力を出すメイク術を身につけましょう。

アイライナーではなくアイシャドウを駆使するのがポイント

イマドキな囲み目メイクでは、アイシャドウを上手に使います。写真付きで解説していくので参考にしてみてくださいね。

ブラシでふんわり下アイライン

出典:著者撮影

出典:著者撮影

左側の写真は、上まぶたを完成させたものです。下まぶたはマスカラのみで、ナチュラル系の仕上がり。ここに、下アイラインを引いていきます。使うカラーはブラウン系アイパレットのミディアムカラー。柔らかめのブラシに取って、目尻側1/3に塗っていきましょう。目尻から中央部分に向かって細くしていくのがポイントです。

ちなみに、チップや硬めのブラシを使うと色が濃く付きすぎてしまう可能性があります。そうすると、強めの印象になってしまうので注意して。

出典:著者撮影

出典:著者撮影

仕上がりのイメージとしては、こちらの写真の右側です。ミディアムカラーを使っているのでキツい印象になっていないのが分かるかと思います。写真左は下アイラインを引いていない様子。比較すると、ふんわり目力がアップしていますよね。今のブームは、こういった囲み目メイクなのです。

瞳に透明感を出したいなら…

上記のメイクでだとちょっと物足りない方は、白アイライナーを活用してみましょう。

出典:著者撮影

出典:著者撮影

用意するのは、白のペンシルアイライナー。芯が柔らかいものをセレクトして。ブラウンアイシャドウで囲み目メイクをしたら、仕上げに粘膜ラインを引きましょう。白のラインが粘膜に入ると、白目部分が広く見えてデカ目効果が。さらに、レフ版のような役割も果たすので、澄んだ瞳に見えやすくなるのです。

写真右が白アイラインを入れた様子、左は囲み目メイクのみです。ちょっとした工夫だけで印象が変わってくるので、気分によってメイクを変えてみるのも良いかもしれません。

どこか強めの印象…!?イマドキメイクでNGなのはコレ

上記が今注目したい囲み目メイクです。ここからは、個性を出すのにはアリだけど、流行という観点ではあまりそぐわないメイクをご紹介します。

場合によっては古い印象を与えてしまうメイク

出典:著者撮影

出典:著者撮影

こちらの写真の右側は、10年ほど前に流行した典型的な囲み目メイクです。ブラックのアイラインでガッツリと囲んでいるのが特徴。クールビューティーでステキなのですが、ナチュラルメイク志向の今だとキツめに感じるかもしれません。また、一昔前に流行っただけに、「ちょっと古い…?」と思われてしまう可能性もあるかも。

時にはこういったガッツリ囲み目メイクもカッコいいですが、流行を考えたいのであれば多用は避けた方が無難でしょう。

ちょっと柔らかさが足りないかも…なメイク

出典:著者撮影

出典:著者撮影

写真左は柔らか囲み目メイク。それに比べると、右側の方が強めに感じてしまいませんか?実は右側は、ブラウンアイパレットの締め色で下アイラインを引いています。適度なインパクトがあって目力も出ますが、柔らかさが少し足りない仕上がりです。

個性を出したい日は締め色で囲み目メイクをするのもアリですが、イマドキメイクをしたい日は、ミディアムカラーで囲み目メイクをする方がおすすめです。

注目の柔らかい囲み目メイク、あなたも取り入れてみて

出典:著者撮影

出典:著者撮影

ブームが来ている囲み目メイクについてお話してきましたが、あなたはもう取り入れていましたか?流行の最先端にいたいなら、ぜひこのメイク法を試してみましょう。ふんわり優しい目力で、注目を浴びるかも♡

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル