頑張っているのに痩せない…つらーいダイエットを乗り越える方法とは

モテ子
モテ子
自分にご褒美♪って毎日ご褒美をあげてたら、永遠に痩せることはないわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

食事や運動など気をつけているのに、なかなか成果が出ないと落ち込んでしまいますよね。そこで今回は、つらーいダイエットを乗り越えるために意識したいことについて、ダイエットインストラクターの筆者がご紹介します。

1 運動しているのに痩せない場合

運動をダイエットに取り入れている方の中で、見た目は痩せたのに、体重が減らないと感じることはありませんか。身体が引き締まってきている実感はあるのに、体重が減らないという場合は、筋肉量の変化が原因という可能性もあります。

というのも、筋肉と脂肪では筋肉の方が重いと言われています。つまり筋肉がついて見た目が引き締まって痩せたイメージに見えても、体重が減らないということが起こります。体重計上の数字を目標にするのではなく、見た目体重で、自分が満足できる体型を目指すのもいいでしょう。

また、運動をしたからといって、いつもより多めに食べてしまうことはありませんか?運動をしたり、たくさん動くとお腹が減りやすくなります。もしかしたら運動をしたという安心感から、消費したカロリー以上にたくさん食事を摂ってしまっている可能性も。せっかく運動をしてカロリーを消費したとしても、その分以上に食べてしまえば、逆にダイエットを阻む原因になってしまいます。

ダイエットの目的は、理想の体型になって、自分に自信が持てることではないでしょうか。ぜひ意識してみてくださいね。

2 ご褒美dayをつくる

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ダイエット中は、カロリー計算を常にしていて、自分の好きなものが食べられず、早くダイエットを終わらせたいとストレスが溜まってしまうことも。食事に気をつけているのになかなか痩せないなんて、本当につらいですよね。

そんな時は無理せず、一日だけご褒美dayを作ってみましょう。カロリーを気にせずに食事を楽しみ、ストレスを発散できます。また、以前と比べて少量でも満足できる自分にびっくりして、なんだかモチベーションがアップすることもあるかもしれません。

また、ダイエットの大敵である停滞期は、ホメオスタシス機能が働いている可能性もあります。というのも人間の身体は、危険を感じると身体を守ろうとします。ダイエットによって体重が減少すると、身体が飢餓状態を察知し、ホメオスタシス機能が働くと言われています。

するとこれ以上の体重減少を防ぐために、出来る限りのエネルギーを身体に取り込もうとします。ホメオスタシス機能は身体を守ってくれる機能ですが、体重減少を妨げてしまうこともあります。

自分なりにダイエットを続けられるご褒美をみつけて、理想の体重をゲットできたらいいですよね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル