流行り顔になるポイントは?ツヤ肌を作るメイクテクニックの基本

モテ子
モテ子
シミを隠すためにCCクリームもBBクリームも欠かせないわ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

流行の肌といえばツヤ肌。ツヤ肌に憧れるものの、なんだか難しそうと思うことはありませんか。そこで今回は、失敗しないツヤ肌を作るメイクテクをご紹介します。

1.ナチュラルっぽさの作り方

ツヤ肌に欠かせない透明感。透明感のあるお肌を作るためには、素肌っぽいナチュラルな質感がポイント。そこで、ベースメイクとしておすすめしたいのがCCクリーム。CCクリームは軽いテクスチャーなので厚ぼったくならず、カバー力が高いのが特徴です。

CCクリームの役割は大きく分けて2つ。Color Control(色をコントロールする)と、Color Conditioning(色を整える)と言われています。肌の色を均一に整えることで、くすんだ肌をワントーン明るくみせてくれる頼もしい存在。

自然な仕上がりで、内側から発光するようなツヤ感が出るのもCCクリームの特徴です。ちなみに、BBクリームはファンデーション効果が高く、CCクリームは保湿効果が高いという違いがあります。オススメは薄づきでお肌を綺麗に見せてくれるCCクリームですが、CCクリームだとカバー力が不安という方は、薄づきのBBクリームを使うのもいいでしょう。
ファンデーションを使わずに、CCクリームやBBクリームだけで仕上げるか、軽くお粉を乗せる程度にするとツヤっぽく綺麗に仕上がりますよ。

2.下地テク

CCクリームや、BBクリームだけで仕上げるのは不安という場合は、コンシーラーや下地を上手に使ってツヤ肌を目指しましょう。というのも、ファンデーションを全体的に厚くベタっと塗ってしまうと、老けた印象になってしまいます。気になる部分やお悩みは、下地やコンシーラーで部分的にしっかりと隠すのがオススメですよ。

気になる下地選びのコツですが、なりたいお肌にあわせて、お悩みを解決してくれる下地を選びましょう。面倒で下地をつけないという方もいらっしゃるかもしれませんが、下地には透明感をアップさせてくれたり、ファンデの厚塗りを防いでくれる効果があります。

下地を使ったことがなくて、どれがいいかわからない時は、血色感をアップさせてくれて、女の子を可愛く見せてくれる鉄板カラーのピンクの下地がオススメです。具体的なお悩みがあれば、そのお悩みにあわせて下地を選びましょう。
例えば、透明感を出したい場合はブルー系の下地、赤ら顔やニキビ跡が気になる場合はグリーンの下地がいいでしょう。また、クマが気になる時は、オレンジの下地がいいですよ。

気になるお悩みをカバーしてくれつつ、薄づきに見える、納得するアイテムの組み合わせを見つけてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル