【つまずきポイントをプロが解説】ハーフアップでもOK☆『ゴム隠し』3選

モテ子
モテ子
…今まで出来なかった理由がわかったわ…。

定番のハーフアップやポニーテールなど、ヘアゴム1つで出来るシンプルなヘアアレンジは、ヘアゴムがキレイに隠せているだけで完成度がグンと上がって見えるから不思議ですよね。ヘアアレンジに時間がかけられない日でも、いくつかレパートリーを知っておけば、たちまち垢抜けヘアを完成することができます。そこで、定番からアレンジ技まで、結び目の隠し技を3つ、今回はハーフアップバージョンでお届けします♪

詳しいやり方は動画でチェック


→動画を再生できない方はこちら

毛束を巻くだけ☆基本のゴム隠し

まずは大定番の「毛束を巻きつける」隠し技です。見た目は簡単そうなのに、いざやってみると出来なかったという人も多いのではないでしょうか。
☆P1330607 (1)

男性の声
スタイリスト飯塚さん
ポイントはピンを挿す方向ですよ!

用意するもの

  • ヘアゴム1個
  • ヘアピン1本

やり方

  1. ハーフアップを作り、毛束の左横の毛を少し取ります。
  2. 【飯塚さんよりアドバイス】
    皆さん、この時に多めに取りがちなのですが、本当に摘まむ程度の方がスマートな仕上がりになります。

  3. 1で左側からとった毛を右回りに1周半ほど巻きつけます。
  4. 巻きつけた毛の毛束の裏側に来た部分を指で押さえ、ヘアピンを挿します。
  5. 【飯塚さんよりアドバイス】
    ヘアピンは、ヘアゴムを一緒に挟んで毛の流れとは逆方向、頭頂部に向かって挿します。
    ☆P1330601

    【飯塚さんよりアドバイス】
    今回はハーフアップなので、毛を取る時は横から取りました。でも、ポニーテールなど髪をひとまとめにする時には、横から毛を取ると、後ろ正面から見た時に毛束の左右のバランスが悪くなってしまうので、裏側から取りましょう。ピンの挿し方が甘いと、巻きつけた毛がゆるんでしまうので、ピンを奥までしっかりと挿すのも大事なポイントです。

    ☆NG例☆
    ☆P1330605

超時短☆アレンジスティックでゴム隠し

☆P1330616
「毛を巻きつける時間も無い!」という方におすすめしたいのが、こちらのアレンジスティックを使うバージョン。慣れるとほんの数秒で完成!見た目も可愛くなります♪

用意するもの

  • ヘアゴム1個
  • アレンジスティック

☆今回使ったのはコチラ☆

ポニーアレンジスティック

¥391

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

やり方

  1. 毛束の表面の毛を薄く取ります。
  2. 【飯塚さんよりアドバイス】
    横幅は広く、縦を薄く取るのがポイントです。なりたいイメージによっては、縦に取る毛の厚みを少し増やすのも良いですよ。

  3. アレンジスティックを結び目に挿し、輪の中に髪を通します。
  4. ☆P1330612
    【飯塚さんよりアドバイス】
    アレンジスティックは、この角度で結び目の中を通ります。
    DSC01077 (1)

  5. アレンジスティックの先をゆっくりと引き抜きます。
  6. 丸くなった部分の毛を横に広げてヘアゴムが隠れたら完成!
  7. ☆P1330616

    ☆たまねぎヘアと一緒に使ってさらに可愛く☆

関連記事

オシャ見え☆編み込み風ゴム隠し

最後は、オシャレ上級者風なのに実は単純、というアレンジ☆複雑に編み込まれているように見えますが、ロープ編みを巻きつけてピンで留めるだけなんですよ♪
☆P1330644

用意するもの

  • ヘアゴム3個
  • ヘアピン2本
  • コテ

やり方

  1. サイドを残し、トップの髪を後ろでまとめます。
  2. サイドの毛を①の毛束に向かってロープ編みにしてほぐし、編み終わりをヘアゴムで結びます。
  3. ②のロープ編みを①の毛束の上に重ね、そのまま①の毛束の下をくぐらせるようにします。
  4. ☆P1330625

  5. 毛束の裏側で、①と②が交差している箇所にヘアピンを挿します。
  6. ☆P1330629
    【飯塚さんよりアドバイス】
    この時も①のヘアゴムを一緒に挟み込み、頭頂部に向かってピンを挿しましょう。

  7. 逆サイドをロープ編みにして編み終わりをヘアゴムで結びます。④と同じように重ね、①の結び目の裏側をピンで留めます。
  8. ③と⑤でロープ編みの先を結んだヘアゴムをゆっくりと外します。
  9. 最後にそれぞれの毛束の先をコテで巻き、統一感を出したら完成♪
  10. ☆P1330641

    【飯塚さんよりアドバイス】
    ⑤の時にロープ編みの毛束をしっかりピンで固定できていれば、ゴムを外してもほどけてくることはありません。ピンで留めた直後の見た目は違和感があるかもしれませんが、最後にコテを使って3つの毛束を巻くことで自然な仕上がりになります。

まとめ

定番のハーフアップもゴム隠しをするだけで見違えますね☆コテで髪全体を巻いてしっかりほぐせば、お呼ばれアレンジにも大変身!ぜひ、幅広く活用してくださいね。

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル