我慢せずに食べる☆フレキシタリアンダイエットで健康的に痩せよう

モテ子
モテ子
我慢って、身体に悪いのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

現在進行形でダイエッターのみなさん、薄着の季節に突入しましたが、ダイエット完了の目処はつきましたか?○○だけ食べる、糖質制限、置き換え、炭水化物抜き、レクチンフリー、アスレチックフード、ダイエットサプリ、HIIT…など、たくさんのダイエット方法がありますが、過剰な食事制限は、健康のためにおすすめできません。無理なく続けられて、栄養バランス良く食べながらダイエットできたら…そんな夢のようなダイエットが、今、アメリカで流行中です。
その名も「フレキシタリアンダイエット」。今回は、こちらのダイエット方法についてご紹介します。

フレキシタリアンダイエットって?

ベジタリアンでもなく、ビーガンでもない、フレキシタリアン(Flexitarian)は、柔軟を意味するフレキシブル(Fexible)と、菜食主義を意味するベジタリアン(Vegetarian)を組み合わせた造語です。つまり柔軟な菜食主義ということですが、何が柔軟かというと、食べ物に関して柔軟なのです。

ベジタリアンは、動物性の食品を一切排除して、野菜や芋、豆類などの植物性食品だけを摂る人を指しますが、フレキシタリアンは、野菜中心の食生活でありながら、肉も魚も乳製品も食べたくなったら食べる、その柔軟性が特徴です。ちなみに、ダイエットには禁物とされるアルコールも、量は決められていますが飲酒可能です。

インスタで14万以上の投稿があるハッシュタグ「#meatfreemonday」(=お肉を食べない月曜日)をきっかけに興味を持つ人が増え、アメリカのUSニューズ&ワールド・レポートが発表した、2018年のベストダイエットにも選ばれた「フレキシタリアンダイエット」。では一体どんな方法のダイエットなのでしょう?ダイエッターのレベル別にご紹介していきますね。

初級者は…

たっぷりの野菜を食べながら、1週間のうち5日はお肉を食べて、2日はお肉を控えます。摂取するお肉の量は、1日あたり約145g。これを繰り返すだけです。
お肉の量が少なくて物足りない場合は、豆類や豆腐などの植物性タンパク質でカバーし、食事だけでは不足しがちなビタミンやカルシウムは、ナッツや乳製品で補うようにします。ギルトフリーのスナックをおやつタイムに取り入れれば、栄養も摂れて空腹も満たされますね。週に5日お肉を食べて2日食べないサイクルを繰り返しながら、お菓子や加工食品の摂取は徐々に減らしていきましょう。ちなみにアルコールは、1日1回100kcalまでなら飲んでもOKです。

運動については、週3回30分程度のウォーキングや軽いジョギング、週2回程度の筋トレを組み合わせるのがおすすめだそう。ダイエットに「Moteco Walk」を活用して、普段の生活にウォーキングの習慣を取り入れてはいかがでしょうか?

関連記事

中級~上級者になると…

1週間のうち2日お肉を食べて、5日はお肉を控える、というように、1週間の中でお肉を食べる日を減らしたサイクルを繰り返します。お肉や魚を食べることで摂取していた栄養素は、野菜や乳製品、豆類、ナッツ類などで補います。
ストレスなく続けることが大事ですから、まずは初級から始めてみるのがいいでしょう。

一見、地中海式ダイエットに似ていますが、厳しい食事制限のないフレキシタリアンダイエットなら、無理なく続けられそうな気がしませんか?ダイエットの大敵は我慢という名のストレスです。ぜひ健康的に痩せるための参考にしてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル