今季大注目の「ワントーンコーデ」を着こなそう☆

モテ子
モテ子
ワントーンコーデにピンクは採用しちゃダメよ。あの色は地雷よ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

今年トレンドのワントーンコーデ。ワントーンコーデとは、全身を同系色でまとめたファッションのことで、大人っぽく見えて、こなれ感が出るとあって、ファッション雑誌で度々特集が組まれるほど、今季注目を集めているんです。そんなワントーンコーデですが“難しそう”といった声や、“のっぺりしそう…”といった声をよく聞きます。そこで今回は、のっぺり見えないワントーンコーデのコツやおすすめコーデを紹介します☆

合わせ方と素材感がポイント

大人っぽいコーデが即完成♪ベージュのワントーンスタイル

Tシャツにチノパンを合わせたリラックスコーデ。夏定番のカジュアルコーデも全身をベージュでまとめるだけで、大人っぽいこなれ感のあるコーデに大変身。のっぺりしがちなワントーンコーデは、色の濃淡やグラデーションを意識してコーディネートするのがコツです。また、小物でメリハリをつけるのも◎ベルトやスカーフベルトで上下にメリハリを付けたり、ハットやバッグ、シューズなどの小物類をベージュ以外のカラーで合わせるのもおすすめですよ☆

大人っぽくも、フェミニンにも♡ブラウンのワントーンコーデ

大人っぽくもフェミニンにも着こなせる、ブラウンカラー。秋冬のイメージが強いブラウンですが、コーデに上品さをプラスしてくれるので、全身がカジュアルになりがちな春夏コーデにぜひ取り入れて欲しいカラーです♪

今年イチオシなのが、ブラウン×ベージュのグラデーションを生かしたワントーンコーデ
☆画像はブラウンのサロペットスカートにネットバッグとパイソン柄のサンダルを合わせた上級者コーデ。それぞれ個性のあるアイテムですが、ブラウン×ベージュの大人カラーでまとめていることで、統一感のある上品コーデになっていますね。

ガーリー好きさんにぜひ真似してほしいのが、こちらのコーデ♡フリルトップスにギンガムチェックのショートパンツを合わせた甘めのコーデが可愛いですね。トップスはついついホワイトを選びがちですが、ブラウンに変えるだけで、甘すぎないフレンチガーリーなコーデに仕上がりますよ。子供っぽく見えがちなデザインは、ブラウンやベージュなどの大人カラーをチョイスして、他の人と差をつけてくださいね☆

夏コーデを爽やかに☆ホワイトのワントーンコーデ

夏の日差しに映える、ホワイトのワントーンコーデ♪女性らしく清潔感のあるホワイトのワントーンコーデですが、膨張色とあって全身ホワイトでまとめるのは、着膨れが心配になりますよね…。オールホワイトコーデは、異素材MIXコーデや立体感の出るアイテムを選ぶと良いですよ☆

カジュアルなTシャツに上品なレースのカーディガンを重ねたコーデ。メタリックのバッグがコーデのアクセントになっていますね。それぞれイメージの違うアイテムを上手にまとめることで、全身にメリハリがつき、おしゃれにまとまっています。

立体感のあるビスチェと合わせることで、ホワイトコーデに奥行きが出ていますね。他にもコーデに立体感を出すなら、刺繍やレース、ギャザーの入ったトップス、プリーツやチュールスカートなどのボトムスもおすすめですよ◎

異素材MIX・柄アイテムと合わせたい☆オールブラックコーデ

全身の印象が重たく、モードな印象になりがちなブラックのワントーンコーデ。ホワイトと同様、異素材MIXコーデや柄物をチョイスして。トレンドのドットやギンガムチェック、ストライプはブラックコーデとも合わせやすく、合わせる柄によってもコーデの印象を大きくチェンジできますよ☆

服の素材は透け感のあるチュールや、涼しげで柔らかい印象のあるリネンを選ぶのがおすすめ。全身が重くなりすぎないためにも、髪はアップでまとめたり、Vネックなどのすっきりと着こなせるトップスやアンクル丈のパンツを合わせるなど、肌の露出面が増えるアイテムを選ぶと良いですよ。

おわりに

一見難しそうに見えるワントーンコーデも、コツさえ掴めば、周囲と差が付くおしゃれなコーデが即完成します。ぜひこの夏は注目の“ワントーンコーデ”に挑戦してみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル