「ノンシリコン」って何?ヘアコンディショナーを選ぶ時のコツ

モテ子
モテ子
ノンシリコンって、私の天然の胸のことかと思ったわ。

「ノンシリコン」という言葉をよく耳にするようになりました。なんとなく髪の毛に良さそうといったイメージを持っている方が多いような印象です。でも、ノンシリコンって何を指すのでしょうか?今回は、ノンシリコンについて解説し、ヘアコンディショナーを選ぶコツをお伝えしようと思います。

「ノンシリコン」の意味

photo by Fotolia.com

言葉から、「シリコンを使用していない」というイメージを抱くかもしれません。しかし、一般的に「ノンシリコン」として販売されているものは「シリコーンオイルを配合していない」という意味です。厳密に言うと、「ノンシリコン」と「ノンシリコーン」は意味が違います。シリコーンオイルには、髪の毛に皮膜を張って手触りをなめらかにする役割があります。摩擦によるダメージも減少させます。

「ノンシリコン」が髪の毛に良さそうというイメージは、「シリコン」が毛穴に詰まるという言説があるためかと思います。しかし、シリコーンオイルは非常に細かい粒子であるため、洗髪するごとに洗い流されます。つまり、毛穴には詰まらないというのが現在の研究結果なのです。

過度に「ノンシリコン」に反応せず、髪悩みに合わせた成分が配合されているかどうかをチェックするのがおすすめです。

あなたの髪悩みはどれ?お悩み別おすすめ成分

photo by Fotolia.com

ここからは、具体的な成分をご紹介します。髪悩み別にしてみたので、ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

髪の毛がギシギシする…

まずは指通りが悪いというお悩みから。こちらは、むしろシリコーンオイル配合のものがおすすめなのです。前述した通り、手触りをなめらかにする役割があるのがその理由です。代表的なシリコーンオイルとして挙げられるのが、「ジメチコン」。髪の毛のキューティクルを整え、すべりを良くしてくれます。

長い名称ですが、「セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク」といった成分も有効です。キューティクルとキューティクルの間、キューティクルの最表面に油膜を形成して指通りをなめらかにします。

また、静電気が起こりやすい方は、合成ポリマーである「ポリクオタニウム-10」配合のコンディショナーを。静電気を防止してくれる上、うるおいの皮膜も作ってくれますよ。

髪の毛にツヤがない…

ツヤツヤとした髪の毛は、憧れの的。うるおいをキープする成分が入っているかどうかを確認してみましょう。

化粧品によく使用されている「セラミド」ですが、ヘアケアにも有効です。特に、「セラミド3」と記載されたものがうるおいキープにおすすめ。

「コレステロール」や「ジヒドロキシプロピルアルギニンHCI」も、髪の毛のうるおいに働きかけます。前者はうるおいをキープしながら髪の毛に弾力を与えてくれます。後者はうるおいを与える働きがあり、髪の毛のまとまりも良くします。

ハリやコシがなくなってきた…

加齢とともによく聞くお悩みがこちら。ハリ・コシを与える成分としては、「加水分解ケラチン」というものがおすすめですよ。「ケラチン」は髪の毛の主成分で、髪の毛の約80~90%がケラチンで構成されています。

また、髪の毛に強い保護膜を作ってくれる「加水分解卵殻膜」配合のコンディショナーも試してみてください。

悩みに合わせた成分が入っているかどうかを確認して

「ノンシリコン」という言葉など、謳い文句に惑わされがちですが、成分表をしっかりとチェックしてみる方が美髪への近道。全ての成分をチェックするのは大変かと思いますので、ぜひ上記の成分を参考にしてみてください。

本当に自分の髪悩みに合っているかどうかを確認することが大切といえます。ぜひ、ヘアコンディショナー選びに役立ててくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル