知ってた?セルライトって足裏にもできるんです…その解消法とは?

モテ子
モテ子
可愛いコぶって内股になるのはブスのはじまりよ。

photo by Fotolia.com

まだまだ暑さ厳しいこの時期、涼を求めて水辺のレジャーを楽しむこともありますよね?レジャー先で異性の視線は、お尻から足首のラインに送られやすいんだとか。そこで今回は、脚の部位2箇所にスポットを当てます。その2箇所を意識することによって美脚につながる嬉しい効果がたくさんあるんですよ♪足裏にもセルライトがついてしまう前に、今から対策しましょう!

『つま先』を意識する2つのポイント

『つま先』は歩く上でかかせない部位。少しでも意識することができると、歩く質が格段に上がり、美脚に近づけます。

ポイント①つま先を外側に

ヒール靴のときは、足裏のアーチや足の甲が崩れがちですが、つま先を少し外側に向けることで、重心が安定します。さらに中心線に沿って脚をクロスさせながら歩くことを意識しましょう。ぺたんこ靴の場合、つま先は正面でも問題ありませんが、つま先を少しだけ外側に意識させることで、よりバランスがとりやすくなりますよ。

ポイント②つま先を上げる

かかとを地面につけるときには、つま先を地面から10cmほど上げて歩くことを意識。すると、ふくらはぎや足首の筋肉が使われて、脚に良い刺激を与えます。本来、ふくらはぎや足首は脂肪がつきにくい部分ですが、老廃物が溜まりやすいパーツでもあります。つま先を上げて歩くことで、ふくらはぎと足首の筋肉が使われ、血流がよくなれば、冷えやむくみ予防にもつながりますよ。

実は足裏にもセルライトが…!

つま先を意識してウォーキングを頑張っていても、脚のむくみを放置してしまうと、それが原因で足裏や足首にセルライトができてしまうことがあります。
「よく歩いているから、土踏まずにも筋肉がついてきたわ!」と思うのは早とちり。もしかしたら、それは筋肉ではなく、セルライトの可能性が…!足裏を刺激してセルライト対策をしてあげましょう。昔ながらの青竹踏みは実は冷え性緩和や足のむくみ緩和にも効果的。代謝UPの効果もあるのでお料理をするときや、歯磨きをしながらするのもオススメですよ。

ふくらはぎと足首のケアはしっかりと!

photo by Fotolia.com

つま先を意識した歩き方で、疲労が溜まりやすいのが『ふくらはぎと足首』。特にふくらはぎの疲れは、筋肉の疲れの他に、血液やリンパの流れが滞ることが原因でも起こります。心臓が電動のポンプだとしたら、ふくらはぎは手漕ぎの井戸と同じ。ふくらはぎは「第二の心臓」といわれているほど全身の血流にとって大事な役割をしていますので、日頃からしっかりケアしましょう。

ふくらはぎや足首のむくみ解消マッサージ

お風呂上がりや寝る前にできる簡単なむくみ解消マッサージで、リンパの流れを良くしましょう。

  1. ふくらはぎの両サイドを両手をグーにした状態で、足首から膝にむかって上へ上へと動かし、老廃物を押し流します。
  2. 次に、ふくらはぎを両手で掴み、ぞうきんを絞るようにひねりを加えながらマッサージします。

お風呂あがりや就寝前にマッサージする時は、ジェニパーべリーのアロマオイルがおすすめ。代謝を高めて、むくみ防止になりますよ。
また、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い人は、1時間に1回は足首をクルクル回して、足首のむくみ予防をしましょう。

『つま先』と『ふくらはぎ』。どちらもあまり意識したことがない人も少なくないのでは?あなたの脚のむくみがひどくなる前に今日から早速試してみましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル