虫刺されや青アザを消す

モテ子
あら、素敵なキスマーク。アナタって虫にはモテるのね!

大人になると消えにくい!? 虫刺されや青アザの対処法
ちょっとした傷や虫刺され跡、なのにいつまでも消えなかったりすることってありますよね? それから、うっかりぶつけた痕が青アザになって、かっこ悪いから早く治したい、なんてことも…。困るのは、急いで消したいときに限って、治りにくいように感じること。そこで今回は、そんな厄介なアザや跡が少しでも早く消えるよう、積極的な対処法を伝授します。

虫刺され

虫刺され跡が残る理由

実は、虫に刺されただけでは、かゆみや痛み、赤くなって腫れるなどの症状は起こっても、トラブルになる跡はあまり残りません。
跡が残るのは、刺されたところを爪などで掻き、そこに細菌が入って、症状が悪化し「二次感染」を起こすからなのです。

跡を残さない虫刺されケア

1.刺されないのが最良のケア
まずは、刺されないように気を配るのが最良のケアです。虫に刺されると跡が残りやすいという方は、肌の露出が少ない服装を心がけ、虫よけスプレーを携帯するといいでしょう。
また、虫よけスプレーは目、鼻、口から吸い込まないように注意し、露出している部分にだけスプレーします。顔や首につける場合は、一度手のひらにとって塗るようにしましょう。

2.スピーディな対応が跡を残さないコツ

気を付けていても刺されてしまった場合には、できるだけ早く対処することが肝心。
たいていの場合、虫刺され薬を塗れば、2~3日でキレイに治ります。
腫れを早く鎮めるには、氷嚢(ひょうのう)を当てて患部を冷やすのも効果的です。
でも中には、山などでやぶ蚊に刺され、熱が出る等、細菌による二次感染を起こす場合がありますよね。そうなるともう、抗生物質での治療が必要な段階になりますから、急いで皮膚科を受診しましょう。放置すると跡が残ってしまうのでご注意ください。

青アザ

青アザが出来る理由

足などをぶつけてアザをつくった経験、誰にでもありますよね。それがいわゆる打撲。打撲によって患部周辺の組織が破壊され、内出血が起きた後に出来るのが青アザです。

青アザを早く治すケア

まずは患部を冷やしましょう。(傷がある場合は、傷の処置が先です。)
冷やすことで、患部の内出血は最小限に抑えられ、血流も遅くなるため、過剰な血液の貯留による腫れを軽減できます。10分~20分冷却すれば、腫れも痛みも和らぎます。

虫刺され、青アザ、傷痕を早く消してくれる市販薬

アットノン

CMでよく見かける小林製薬の専用薬『アットノン』は、傷跡を消すための専用薬と宣伝されており、虫刺され跡や青アザの改善にも効果を発揮します。
○やけど跡
○傷跡
○虫刺され跡
の他、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症(ガサガサ)、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、(ただれ以外の)しもやけ、打身・ねんざ後の腫れ、筋肉痛・関節痛に効くそうです。
有効成分は、後述するヘパリンZ軟膏同様、ヘパリン類似物質。「水分保持作用」「抗炎症作用」「血行促進作用」を発揮して、傷やアザを改善してくれます。

ヘパリンZ軟膏

定評があるのはゼリア新薬工業の『ヘパリンZ軟膏』。
アットノンと同様の効果をうたっており、有効成分も同じくヘパリン類似物質です。

HPクリーム

ノバルティスの『HPクリーム』も、ヘパリン類似物質を主成分とする薬で、同様の効果があるようです。

これらは主成分は同じでも、それぞれ添加物が違います。1種類をつけてみて、肌に合わない場合は、他を試し、自分の体質に合うものを見つけてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル