夏レジャーの後に!おすすめアフターサンケア商品

モテ子
モテ子
日焼けした肌をそのままにしておくと、あとが悲惨よ。

photo by GIRLY DROP

海水浴やバーベキュー…夏のレジャーが本格的な季節になりましたね。屋外でのUV対策は大切なのですが、レジャーを楽しんでいるとついつい油断してしまうこともあります。UV対策をしっかりとすることは前提として、うっかりしてしまった時のアフターサンケア商品をご紹介しようと思います。もしもの時に備えて、今から買っておくと安心かもしれませんね。

日焼けには2種類あることを知っておきましょう

アフターサンケア商品をご紹介する前に、日焼けについてご説明していきます。日焼けと聞いて、あなたが思い浮かべるのはどのような状態ですか?それは、2種類あるうちの1つかもしれません。

サンバーン

海水浴後、皮膚が赤くなり、ヒリヒリと痛くなった経験はありませんか?これは「サンバーン」と呼ばれるものです。紫外線を受けた箇所が赤く炎症を起こしている状態。ひどくなると水泡ができる場合も。これは、皮膚が火傷と同じ状態になっていて、UV-Bという紫外線が原因です。

サンバーンは紫外線を受けてから8〜24時間でピークに達しますが、炎症は数日間続きます。痛みが何日か続いた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

サンタン

こちらは日焼けで肌が黒くなるものです。サンバーンとは違い、主にUV-Aという紫外線が原因。紫外線を浴びている間に黒くなったり、浴びた直後から黒くなったりする場合もあります。紫外線をたくさん浴びると、数ヶ月その状態が続きます。

主にUV-Aが原因と前述しましたが、UV-Bもサンタンの原因になり得ます。メラニンを増加させ、肌が黒化していくのです。

おすすめのアフターサンケア商品

ここからは、アフターサンケア商品をご紹介していきます。レジャー後によく聞くお悩みとしては、サンバーンの方が多いように感じます。炎症を起こしている状態なので、抗炎症作用のあるアイテムが良いでしょう。

UV-AもUV-Bも、肌老化に影響します。シミの原因になるだけでなく、シワやたるみ、肌の乾燥にもつながります。うっかり日焼けしてしまった日は、アフターサンケア用品を活用してください。

カラミンローション/明色

子どもから大人まで使える優しい処方のアイテム。配合されているカラミンパウダーがほてりを鎮めてくれます。二層式になっているので、使用前によく振りましょう。日焼け後は、冷蔵庫で冷やした状態で使うとひんやり気持ち良くておすすめです。

サッパリとした使い心地ですが、粉浮きが気になる場合もあります。そういった時はいつもの化粧水をコットンにたっぷりと取り、粉を拭き取ってください。

アフターサンオイルフリージェル/コパトーン

小麦色の肌にするサンタン化粧品でも人気のコパトーンですが、アフターサンケア商品もおすすめです!メントール配合で、スーッと気持ち良くほてりを鎮めます。日焼け後の肌はうるおい不足状態なので、アロエでしっかりと保湿もできますよ。メントールが苦手という方がいらっしゃるかもしれませんが、こちらは使い心地として弱めに感じます。

柔らかいジェルなので、日焼け後の肌にも伸ばしやすいです。ベタつきがなく、肌馴染みも良いです。

コットンマスク エクストラ/アベンヌ

アベンヌ コットンマスク エクストラ 10枚

¥480

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

アベンヌウォーター/アベンヌ

南フランスの100%温泉水、アベンヌ。スプレータイプの商品でおなじみですよね。こちらは普段使いにもOKですが、アフターサンケアにもおすすめです。顔が日焼けしていると特に気になるかもしれませんが、コットンマスクと一緒に使ってケアしていきましょう。

コットンマスクにアベンヌウォーターを吹きかけ、全体に行き渡るようにしてから顔に乗せます。紫外線のダメージを受けた肌に、優しくうるおいを与えてくれますよ。

コットンマスクは毛羽立ちが気になるかもしれませんが、柔らかい質感で刺激も感じにくいのです。敏感肌の方でも使いやすい処方なので、日焼け後にもぴったり。アベンヌウォーターだけでもうるおいを感じるかと思いますが、コットンマスクと併用することで、さらにしっとり感がアップします。

うっかりしてしまった時は早めのケアを

photo by GIRLY DROP

気を付けているつもりでも、うっかりしがちなのがレジャー時です。気付いた時には日焼けしてしまっていた…なんて時は、おすすめアイテムを試してみてください。ちなみに、上記の商品は一時的な炎症におすすめのものです。日焼けしてしまうと色素沈着してしまうこともあるので、その場合は美白化粧品に切り替えると良いでしょう。

紫外線ダメージを受けないことが大切なので、しっかりとUV対策をすることが大前提。しかし、うっかり日焼けしてしまった時は、早めのケアを心がけてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル