【美容師監修】ズボラリアンでもこれだけは守れ!秋冬に美髪をキープするお手軽ケアは?

モテ子
モテ子
知って満足…じゃなくて、ちゃんと実行しなさいよ。

photo by Fotolia.com

秋冬は乾燥が気になる季節。なんとなく肌と同じくらい髪の状態が気になりますよね。とはいえ、面倒なケアとなるとなかなか継続が難しいもの。そこで今回は、秋冬の髪をダメージから守るために大前提「これだけは気を付けて」というポイントを、スタイリストの飯塚さんに教えていただきました。

知っているだけで美髪をキープ!ズボラリアン向け秋冬ヘアケア

シャンプーする時はお湯の温度に注意!

秋冬は外気で身体が冷たくなっているので、お風呂ではつい夏よりも温度が高めのお湯で洗いがちですよね。でも、実はここに大きな落とし穴が!40度以上のお湯で髪を洗うと、表面の水分が飛びやすく、髪が乾燥しやすくなってしまいます。また、これは頭皮にも同じことが言え、熱めのお湯で洗うことで地肌が乾燥しやすくなり、フケやかゆみの原因になります。シャンプー時の温度は38度くらいがベスト!いつもと同じようにシャンプー、リンスをする時にも、お湯の温度を変えるだけで、その後の髪の状態が変わりますよ。

ドライヤーは冷風でフィニッシュ

ドライヤーの仕方は通年変わらないのですが、秋冬は髪を乾燥させないためにも、洗髪後はなるべく早く乾かします。また、必ず最後にドライヤーを冷風に切り替え、キューティクルを閉じることを意識しましょう。寒くない時期には、少し湿っているくらいのタイミングで冷風に切り替えるのがベストですが、冬は寒いので乾かし切る直前くらいでOK。また、ドライヤー使用時のトリートメントは、夏よりも少し多めにつけてあげましょう。

アウトバスケアは静電気対策が重要ポイント

photo by Fotolia.com

秋冬のヘアダメージの原因で、乾燥と同じくらい注意したいのが「静電気」です。静電気は、セットの時やコーミング、ブラッシングの時などに起こる“摩擦”と、“乾燥”によって起こりやすくなります。ミルクなどのトリートメントで保湿をしながら、丁寧にスタイリングをしましょう。

また、秋冬ならではの素材にも注意!マフラーやニットなどに使われているウール素材や化学繊維と髪が擦れる時が最も静電気が起こりやすくなります。髪がパサつく原因にもなるので、着脱時は必要以上に髪との摩擦を起こさないように意識しましょう。

関連記事

静電気対策としても保湿を重視して☆

静電気は、髪の乾燥を予防するだけでも起こりにくくなります。そのため、秋冬のケアでは夏よりもオイルやトリートメントを付ける際の1回の分量を少し多めに使ってみましょう。また、スペシャルケアとして、髪用のパックを使うのもおすすめです。それさえ出来ないと宣言するズボラリアンの読者ちゃんには最終手段!お財布と相談しながら、いつものスタイリング剤やケア剤を、ヘアサロンでおすすめされるものに変えてみるという方法がお手軽で効果的なのでおすすめですよ♪

まとめ

とにかく秋冬のヘアケアは「乾燥させない」ことが大切です。秋冬のおしゃれに欠かせないタートルやハイネックのニットでは、後れ毛を作っているだけでもその部分がパサついてしまいますし、スッキリとすべてアップにした方が可愛く見えるという意見もあるようです。特別なケアをシーズン通して出来なくても、普段何気なく使っているヘア用品を見直したり、仕草を意識したりするだけでも髪の乾燥や静電気を抑えることにつながりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル