冬肌トラブル「かゆみ肌」から卒業!

モテ子
スキンケアは顔だけで良いと思っていたの?意識の低い女ね・・・。

冬もいよいよ本番。この季節になると、お肌の乾燥だけでなく、全身にカサつきやむずがゆさを感じる方もいるでしょう。その症状の正体は、乾燥からくる「かゆみ肌」。ひどい場合は、湿疹や不眠にも繋がってしまう、見過ごせない肌トラブルのひとつです。湿度が下がる冬の間、かゆみに悩まされ続けるのは辛いですよね。そこで今回は、「かゆみ肌」の対処策を、詳しく紹介していきます。

かゆみ肌の原因って?

かゆみ肌のメカニズム

私たちの肌の表面には①肌を刺激からバリア、②うるおいを保つ役割をする「角質層」が位置しています。乾燥がひどくなると、この角質層に含まれる水分と脂質が低下し、細胞間にすきまが生じて角質層のバリア機能が壊れてしまい、外部からの刺激に反応しやすい肌状態に陥ります。

健康な肌の場合、「かゆみを感じる神経」は肌の深部・真皮内で止まっています。しかし、この神経には、肌状態が悪化すると、肌の表皮まで伸びてくるという特性があります。その結果、肌は更に刺激やかゆみに敏感な状態に・・・。
この状態で肌をかくと、刺激を感知した「かゆみを感じる神経」が、かゆみの原因となる物質「ヒスタミン」の放出を促してしまい、さらなるかゆみに襲われることに!
このような「かゆみのループ」に陥らないためには、後ほど紹介する予防策をとるだけでなく、かゆみが発生してしまった際、できるだけ肌をかかないよう注意することが重要です。

かゆみ肌ってお年寄りの症状?

答えはNO!
確かに、かゆみ肌の症状を訴える人の多くは高齢の方です。
この理由は、加齢とともに肌の新陳代謝が低下してしまうため、うるおいを保つ作用をするNMF(天然保湿因子)や角質細胞間脂質・皮脂膜などが不足して、皮膚が乾燥してしまうからです。

しかしながら、このかゆみ肌トラブル、最近では若い女性にも増えているとか。
その理由の一つは、顔・身体の「洗いすぎ」!
洗浄力の強いボディソープなどで、長時間ゴシゴシと身体を洗う行為は、肌の表面を傷つけるだけでなく、うるおいキープのために必要な皮脂まで落としてしまいます。結果、肌は乾燥し、バリア機能も壊れてしまうため、かゆみを感じやすくなるというわけです。
また、過度なダイエットによる栄養バランスの乱れ・睡眠不足やストレスも、肌を乾燥させ、かゆみ肌を引き起こす大きな原因となります。気をつけましょう。

かゆみ肌を予防しよう!

入浴時の注意点

乾燥によるかゆみから肌を守るためのカギは、全身の洗い方にあります。
ポイントは、繊細な皮膚をもつ顔の洗い方と同様、ボディにも強い刺激を与えないこと。液体のボディソープではなく固形石鹸を用い、しっかりと泡立てて、手のひらや柔らかいタオル(綿タオルなどが◎)で優しく洗いましょう。
また、健康に良いとされる長時間の入浴も、やりすぎは身体を乾燥させる原因になるので要注意!半身浴などの際には、水分補給を心掛けましょう。

入浴後のケア

お風呂上がりは、肌の水分が急速に蒸発し、身体が最も乾燥しやすくなる危険な時間。入浴後や洗顔後に、お肌の「つっぱり」を感じた経験のある女性も多いでしょう。そんな入浴直後のポイントは、素早い拭き取りと保湿。肌に水滴が残らないようしっかりとタオルで拭き取り、ボディローションやクリーム(尿素、ワセリン、セラミドなどが配合された保湿剤)を全身になじませましょう。肌を素手でこすらないよう、たっぷりの保湿剤を手に取り、優しいタッチで塗り込んでくださいね。

いかがでしたか?顔のスキンケアには気を配っていても、ボディの保湿ケアまでは・・・という方も多いのではないでしょうか。今回紹介した予防策に加え、ミネラル豊富な食事や良質な睡眠も、美肌づくりには欠かせないもの。辛いかゆみの症状から自身を守るだけでなく、しっとりとした女性らしい素肌を手に入れ、快適な冬を過ごしたいものですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル