腹筋を鍛えてウエスト引き締め!お腹ダイエットでくびれ美人

すっきりとした平らなお腹と、キュッと引き締まったくびれ。お腹周りをキレイに見せるために、トレーニングで腹筋を鍛えましょう。今回は、くびれ美人を目指すためのお腹ダイエットの方法をご紹介します。「お腹周りを痩せたい!」「痩せるだけでなく、くびれを作りたい!」そんなとき、ぜひ参考にしてみてください!

ぽっこりお腹を解消するには?

photo by Fotolia

脚の太さや背中についたお肉も気になるけれど、それよりも気になりやすいのがお腹です。お腹周りが太くてたるんで見える……そんな「ぽっこりお腹」に悩んでいる女性が少なくありません。どうしたら効率良くお腹痩せできるのでしょうか?

ぽっこりお腹の原因としてまず考えられるのが、筋肉の衰えです。ダイエット中の食事制限などで体重が落ちても、筋肉を鍛えていないとお腹がたるんでしまいます。特に、普段から猫背になりがちな方は、体を支える筋肉が衰えているかもしれません! 内臓をきちんと支えていられるだけの筋肉をつけることが大切です。

また、食生活の乱れや運動不足によって、便秘でぽっこりお腹になってしまうこともあります。腸内に老廃物やガスがたまることで、お腹周りが太く見えてしまうのです。ダイエット中は食べる量が減ることで便秘がちになります。運動をして内臓に刺激を与えることで、ぽっこりお腹を解消しましょう!

お腹痩せのトレーニング

photo by Fotolia

まずはたるんだお腹周りを引き締めるために、腹筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。慣れてきたら回数を増やして、強度を高めてみてください。

1.ヨガの「船のポーズ」

「船のポーズ」は、ヨガのポーズのひとつです。腹筋を使ってバランスをとる力が必要となるため、体幹が鍛えられます。お腹の引き締めに効果的です。

まずは座った状態で、両膝を立てて肩幅に開きましょう。このとき、上半身は背中を伸ばしておきます。両手を太ももの裏に添えてください。

息を吐きながらお腹に力を入れて、両脚をそっと床から持ち上げていきます。余裕があれば膝を伸ばして、V字の状態でキープしましょう。

初めのうちは膝を曲げたままでも構いません。キープ時間の目安は20秒程度です。休憩を挟んで2~3セット行ってください。

2.クランチ

腹筋にアプローチするトレーニングです。いわゆる腹筋運動と比べてかなり強度が高くなります。慣れてきたら回数を増やしてさらに鍛えていきましょう。

まずは床に仰向けで寝て、膝を曲げたまま持ち上げます。このとき、腰と膝の角度をそれぞれ90度に保ちましょう。両腕は胸の前で交差して置いてください。

この状態でお腹に力を入れて、ゆっくりと上半身を持ち上げて(自分のおヘソを見るイメージ)、下ろしていきます。腰と膝の角度を崩さないよう注意しながら、この動きを10回、2セット繰り返しましょう。

ウエストにくびれを作るには?

photo by Fotolia

ダイエットでお腹周りが引き締まってきたら、ウエストラインを鍛えて美しいくびれを作りましょう。くびれはボディラインにメリハリを作り、お腹周りをキレイに見せるために欠かせないもの。このメリハリがあるだけで、バストが大きく見え、全体が細く見えやすくなります。そんなくびれを作るには、トレーニングが不可欠です。

そもそも、お腹周りには「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」という筋肉があります。いわゆる腹筋と呼ばれる筋肉は、3つの筋肉からできているのです。くびれを作るには、トレーニングで腹斜筋と腹横筋を鍛える必要があります。通常の腹筋運動だけでは鍛えられないため、くびれのためのトレーニングを取り入れましょう!

お腹にくびれを作るトレーニング

お腹周りが鍛えられてきたら、美しいくびれを作るために、さらにトレーニングをメニューに加えてみましょう。

1.サイドブリッジ

体の側面の筋肉を強く使うことで鍛えていくトレーニングです。強度が高く、くびれを作りたいときにおすすめします。

まずは体の片側を下にして、横向きに床へ寝ます。下の腕を、体と垂直方向へ90度に曲げて、肩の真下に来るようにセットしましょう。

この状態で、お腹の横の筋肉を使って体を持ち上げ、一直線の状態でキープしてください。目安は30秒です。反対の体側も同様に行いましょう。

2.ツイストクランチ

通常のクランチよりも強度の高いトレーニングです。腹斜筋にアプローチすることで、キュッと引き締まった美しいくびれを作ります。

まずは仰向けに床に寝て、膝を90度に曲げて持ち上げましょう。両腕は後頭部に添えておきます。この状態から、上半身を持ち上げてください。

右肘と左膝を近づけてひねりを加え、同時に右脚をまっすぐに伸ばしましょう。次は左肘と右膝を近づけ、同時に左脚を伸ばします。

この動きを交互に10回、3セット繰り返してください。慣れないうちは下半身の動きをつけず、上半身だけ行っても構いません。腰回りを意識して鍛えてみてください。

ぽっこりお腹を解消して、引き締めてくびれを作り、キレイな体型を目指しましょう。お腹ダイエットは効果を実感しやすいため、自分で頑張った成果を見てモチベーションが続きやすいといえます。ぜひトライしてみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル