生理痛お助けレシピ!酒粕入りクリームシチュー

モテ子
今までお腹にカイロを貼っていたんだけど、やっぱり内側から温めた方が効果あるわね。気付いたら生理痛なんてどこかに飛んでいっちゃってたわ!芯から温まるから、風邪の引き始めにもおすすめよ。

寒~い冬には、やっぱり具だくさんで熱々のシチューが食べた~い!今回紹介するシチューは、たっぷりの酒粕を使うので、食べたあともお腹ポカポカ!!具材には、女子に必要な栄養素がいっぱいのさつまいもやパプリカをチョイス♪アンチエイジングに効く人参や鮭も沢山入った彩り豊かなシチューですよ~☆

材料の効果と働き

酒粕

酒粕は、健康と美容にとても良い発酵食品として、最近大流行していますよね!この酒粕は、口にすればたちまちポカポカ!すぐに身体を温めてくれるという、女子には嬉しい力も持っているんです。辛い生理痛を解消するには、身体を外側から温めるよりも、内側から温めた方が効果的!!酒粕のパワーで、生理日特有の身体の痛みにサヨナラしちゃいましょう♪

さつまいも

今回さつまいもは『紅はるか』をチョイスしました。濃厚な甘さとしっとりした食感が、クリーミーなシチューによく合います☆さつまいもを選ぶ際には、甘味の強い品種のものを選ぶことをおススメします。「ダイエット中にお芋?」と心配に思われた方もご安心を!実は、さつまいもはビタミンたっぷりの美容フードなんです!ポイントは、皮も一緒に使うこと。さつまいもの皮には、ポリフェノールなどの栄養素が含まれているので、剥かずに入れて、美肌効果もGETしちゃいましょう☆

『ポカポカ酒粕入りシチュー』のレシピ(1人前360kcal)

材料

2切れ
さつまいも1本(小)
玉ねぎ1個(小)
人参1本(小)
エリンギ1本
パプリカ赤・黄各1/2個ずつ
白菜葉3枚
酒粕100g
チキンコンソメ(固形)2個
300cc
牛乳300cc
すりおろしショウガ小さじ1
片栗粉大さじ2
オリーブオイル大さじ1
塩コショウ少々

作り方

1
野菜と鮭を食べやすい大きさに切りそろえます。
2
人参とさつまいもは、シリコンスチーマーなどを用い、あらかじめレンジで加熱しておきましょう。
3
フライパンにオリーブオイルを敷き、中火で野菜全てと鮭を炒めます。
4
炒めたものをボウルにあけておきます。
5
鍋に水とコンソメを入れて中火にかけます。
6
お湯が沸騰したら、酒粕を入れます。
7
酒粕がよく混ざったら、先ほど炒めた野菜と鮭を入れます。
8
野菜がしんなりし始めたら、牛乳を入れてしばらく煮込み、塩コショウで味を調えます。
9
すりおろしたショウガを入れ、最後に片栗粉を水で溶いたものを入れて、とろみをつけたら出来上がり~♪

ポイント

このシチューには、酒粕・しょうが・片栗粉と、お腹を温めてくれる「女子の味方食品」がいっぱい!さつまいもや人参などの根菜にも、身体を温める効果があるので、寒い冬にはぴったりのレシピです。酒粕には美白効果のあるアルブチンや、抗酸化作用があるフェルラ酸などが含まれていて、甘酒は『飲む点滴』と呼ばれているそう!冷え症さんは、余った酒粕で是非、甘酒を作ってみてください☆寝る前に飲めば、寒い夜もぐっすりと眠ることができますし、生理痛が最も辛いとされるのは、通常生理の1日目~3日目あたりなので、作り置きしておけば、料理への憂うつ感も軽減され、いつもより気がラク~に過ごせると思います♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル