低カロうる肌!甘酒de豆腐田楽

モテ子
正月太りを今すぐ抜け出すべきアナタに、和風ヘルシーレシピを用意してあげたわよ!こんがり焼けたお豆腐が香ばしくて美味しいわね。田楽味噌に柚子おろしを少し加えると上品な味になるからオススメ。定番ダイエット食材のコンニャクとも相性が良いわよ。

栄養剤と同等の成分が含まれるため、「飲む点滴」と呼ばれ、注目を集めている「甘酒」。だけど、毎日同じ物を飲み続けるのは大変ですよね!「なんとか工夫をして、美味しく賢く甘酒を摂る方法はないかな??」なんてお考えの、女子力高めなアナタにピッタリのレシピをご紹介!お豆腐の上に甘酒を使った田楽味噌をのせるだけで、酒粕&大豆の美容要素タップリの『食べる甘酒料理』ができちゃうんです☆

材料の効果と働き

甘酒

甘酒には満腹中枢を刺激するブドウ糖が含まれているため、少量でも満腹感を得ることができます。更に、脂肪分解酵素代謝を促すビタミンB群も豊富なためダイエットには最適!今回は、そんな甘酒入りの「田楽味噌」と低カロ素材のお豆腐を合わせて、超ヘルシーメニューを作っちゃいましょう♪

豆腐

豆腐には、女性に必要な栄養素大豆イソフラボンがいっぱい!女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをしてくれるので、女性らしい美しさを内面から作ることができます♪豆腐は、低カロリーでありながら、満腹感を満たしてくれるうえ、栄養バランスも整えてくれる優秀食品!更に、抗酸化作用お肌のバリア機能を高めるビタミンEも豊富に含まれているので、美肌効果もバッチリです☆

『甘酒de豆腐田楽』のレシピ (一人前85kcal)

材料

甘酒1缶(190g)
豚ひき肉100g
赤味噌大さじ1
木綿豆腐1丁
白ごま少々
ブロッコリースプラウト少々
竹串お好みの本数(目安は一人前3本)

作り方

1
キッチンペーパーやザルを使って豆腐の水をよく切ります。
2
フライパンを中火にかけ、ひき肉を炒めます。
3
ひき肉同士が固まらないよう、ほぐしながら炒めたら、赤味噌を入れます。
4
赤味噌を入れたら、すぐに甘酒を入れます。
5
赤味噌を甘酒で溶きほぐし、煮詰めます。
6
程良く煮詰まったら、田楽の肉みそは出来上がりです。
7
中火で熱した別のフライパンに、ひと口大に切ったお豆腐を並べます。
8
4面とも、こんがりと色がつくまでよく焼きます。
9
キツネ色に焼けたら、串を刺してお皿に並べます。
10
6の肉みそをのせて、ブロッコリースプラウトとゴマを飾ったら出来上がり~♪

ポイント

ポイントは、お豆腐の水切りをできるだけ長くすること☆長時間かけてしっかりと水分を抜くことで、焼いたり串に刺す時に崩れにくくなり失敗を防げます。
もっとカロリーを下げたい、という場合はお豆腐をコンニャクに替えてみて◎カロリーは気にせずにお料理を楽しみたい、という場合は、茹でた里芋や油で揚げた米茄子の上に味噌をのせると美味さ倍増☆いろいろなお料理に使える田楽味噌なので、たくさん作って保存しておくのもいいでしょう。保存する時は、多少濃いめの味付けにし、水分をしっかりと飛ばしておくことをお勧めします☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル