高カロリーな間食をやめられないのは中毒症状?

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『高カロリーな間食をやめられないのは中毒症状?』公開しました。

間食はダイエットの敵?

ダイエット中の間食は、絶対にNGというわけではありません。栄養価が高く太りにくい食品であれば、適量を食べたほうがダイエット促進になる場合もあります。
例えば、アーモンドなどナッツ類、ドライフルーツ、焼き芋、干し芋など。脂肪が少なく食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富、しかも噛み応えがあり少量でも満足感を得られる食品は、適量を食べることでダイエットに効果的です。もちろん食べ過ぎればカロリーオーバーになってしまいますが、食事だけでは不足しがちな美容に良い栄養素を間食で補うことができるので、小腹が減った時にはこれらを間食に食べると良いでしょう。

高脂肪の間食はNG

間食自体がダメなのではなく、要は何を選んで食べるかが重要なのですが、どうしてもスナック菓子やケーキ、クッキーなどの洋菓子などの、高脂肪で高カロリーなおやつがやめられないという人も多いのではないでしょうか。
そして、テレビを見ながら、スマホやPCをいじりながら、というように「ながらおやつ」が習慣になっている人は特に要注意!集中が食べ物に向いていないので食べているという実感が湧きにくく、食欲の抑制が利かず食べ過ぎてしまいます。
どうしても「太る間食」がやめられない、やめる気もない、そんな人もこれを読んだらやめたいと思うことができるかもしれません。

脂肪の多い食品には中毒性が!

アメリカのニュースサイト「CNN.com」でこのような記事が掲載されていました。
まずは、「脂肪の多い食べ物はドラッグ(薬物)のような中毒を引き起こすかもしれない」という衝撃的な見出し!
ラットでの実験結果によると、高脂肪・高カロリーの食品がドラッグとほぼ同じように脳へ影響を与えることが分かりました。
フロリダの研究所で分子治療学の准教授をしているポール J ケニー博士の研究によると、コカインや、ヘロインなどのドラッグを使用するのと、ジャンクフードなど高カロリー・高脂肪の食品を食べ過ぎることは、どちら も同じように脳の快楽中枢を刺激し続け、そして最後には破壊してしまうのだそうです。

ラットの実験結果

ケニー博士のチームは、ラットを3つのグループに分け、40日間の実験をしました。
1つ目のグループにはラット用のエサを、2つ目のグループにはベーコン、ソーセージ、ケーキなどの高脂肪で高カロリーな食事を1日1時間だけ、3つ目のグループには同じく高カロリーな人間の食事を1日23時間与えました。
3つ目のグループのラットがすぐに肥満になったのは言うまでもありませんが、驚くべきことは、ラットの脳にまで変化があったことです。与えられ続けた高脂肪・高カロリーな食事によって、肥満体になったラットの脳の快楽に対する耐性はマヒしてしまい、もっと食べたいと今まで以上に高脂肪・高カロリーな食事を求めるようになったのです。正にドラッグ中毒と同じ状態です。
さらに、食事の時にラットに電気ショックを与えると、1つ目と2つ目のグループのラットは恐怖で食事ができなくなったのですが、3つ目のグループのラットはそうではありませんでした。ケニー博士によると、おそらく食事を平らげることだけに意識が強くフォーカスされ、電気ショックが与えられることは切り離されているのだろう、ということです。

食べ過ぎてしまうのは意志が弱いせいではない

なんとも驚愕の研究結果です。食べ過ぎてしまうのは意志が弱いからだと、あくまでも自己責任と考えるのが一般的な意見だと思いますが、明らかな食べ過ぎの状態は、無意識のうちに脳のスイッチがONになっているようなもの。自分の意思でコントロールすることができなくなっていまっているのです。しかも一度壊れた快楽中枢は、そう簡単には正常な状態には戻らないのです。
これはまさに中毒の恐ろしさです。ただし、これはあくまでもラットによる実験結果ですので、人間もまったく同じ状態になるとは限りません。ですが、高脂肪・高カロリーな食べ物が脳に与える悪影響については、十分に示唆されていると思います。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル